任意売却・成功事例

税金滞納の差押えがあったケース

M さんが相談に来られて、お話を伺うと住宅ローン以外にも税金を滞納中とのこと。 登記内容を調べると案の定、市による差押えの登記がされていました。 任意売却をするにあたり、差し押さえている役所に交渉するも、滞納分の税金全額を 納めなければ差押えの解除は出来ないとのこと。

そこで債権者に対して、任意売却による売買代金の中から税金滞納分を捻出して もらえるよう交渉を行いました。粘り強く交渉した結果、第一抵当権者をはじめとして 数社の債権者すべての同意が得られました。

そして買主様とも無事売買契約が成立し、自己資金がほとんど"ゼロ"に等しい状態のMさんでしたが、引越代として50万円の現金も手にすることができました。
今回のポイントは税金差押えの解除料と引越代の捻出だったと思います。

幸い債権者に柔軟に対応いただきMさんの希望通りの任意売却ができた訳ですが 任意売却にともなう債権者等との交渉は、任せる業者によって結果が大きく変わること がありますので、高いノウハウを持った業者を選ぶことが大切です。

債権放棄で和解できたケース

Sさんは7年前に2880万円で新築建売住宅を購入。しかし1年前から収入が激減し 逆に月のローン支払額は金利優遇期間が終了し上がってしまった為、もう返済する ことが困難とのこと。そこで当社に任意売却の相談に来られました。

住宅ローン残高は2200万円、しかし売却査定額(相場)は1500万前後でした。

債権者と度重なる交渉の末、1700万円での売却に同意をもらい販売を開始。
Sさんの自宅は、とても丁寧に暮らしていたため建物の程度が良く、多少相場より 高めの価格ではあったものの買主さんと売買が成立し、さらに債権者の承諾のもと 転居費用も売却代金の一部から捻出できました。

そして任意売却後に残ったローン残金500万円については保証会社と交渉し 最終的には15万円で債権放棄の合意をしてもらうことが出来ました。
現在は同市内の賃貸マンションでご家族の皆さん一緒に新しい生活をされています。

競売を回避し、任意売却を選択されたことが債権者側にも誠意として伝わったことが 良い結果に結びついた一因だと思います。

競売を回避し住み続けられたケース

Yさんの奥様は、裁判所から競売開始決定通知が届き慌てて当社に相談に来られました。
お話を聞くと、ご主人も自暴自棄になっており誰にも相談できないまま競売になるのを 待つしかないと諦めていたいたとのこと。そんな時、テレビのニュース番組で"任意売却"を 取り上げているのを見て、すぐインターネットで調べ当社で任意売却専門の相談会があるのを 知り来社されたとのこと。

奥様は、子供のことを考えるとどうしても住み続けたいとの考え。奥様は家族のこと、仕事のこと ご主人様とのことなど色々とお話をしていただきました。その中でご長男が23歳の社会人1年目であったことに当社は一つの提案をさせていただきました。それはご長男に新たに住宅ローンを組んでもらい自宅を買い戻すというもの。

様々な選択肢の中でもそれが一番ご家族の要望を叶える方法であると感じました。残された時間も少なく、すぐにご家族全員で来社してもらい一通りの選択肢の説明をさせていただき皆さん同じ考えで一致しました。

そして銀行へ、ご長男での住宅ローンの打診をしたものの今回のケースでは親子間売買での住宅ローンは難しいとの回答。結果、当社提携業者により一度、Yさんの自宅を買取りしてもらいそれからご長男と売買契約を行う方法で、期日寸前での競売取り下げに成功し、 無事にYさんは自宅に住み続けることが出来ました。

今回のケースでは親子間売買という選択肢、そして提携業者を経由して買い戻すという 方法で任意売却がまとまりました。親子間の直接売買による住宅ローン借り入れは、現実的には かなり難しいと思われますが、可能な場合もございますので一度ご相談下さい。

↓

愛知県の任意売却・無料TEL相談は、フリーダイヤル0120-406-213